PR

【実際に買って使って本音レビュー】最強コスパ機22SLX DC XT

つり
記事内に広告が含まれています。

ベイトリール好きの皆さんこんにちは。釣り暦33年のつりふぁす(リンク先:X(旧Twitter))です。

遡ること今から約20年前。

中学生の頃だった私が最後に買ったベイトリールは当時のハイエンドリールの一つであった

『DAIWA TD-Z 103ML』というリールでした。

つりふぁす
つりふぁす

そこから20年の時が経ち、バス釣りとチニング用にスピニングよりも

手返しの良い「ベイト」を新調しました。

それが今回紹介する22 SLX DC XTです。シマノが最新のテクノロジーを投じて開発したこのリール。

デジタルを駆使した驚異的なパフォーマンスとコンパクトさや、ギヤ比の高速化が実現されているため、

バス釣りやチニング好きにとって理想的な選択肢となりそうです。

本記事の内容

  • 22 SLX DC XT 71XGのインプレ
〜筆者(ブログ管理人)について〜
3歳の頃から釣竿を握って以来30数年、釣りを生き甲斐に生きています。
グランダー武蔵というアニメにより、ミラクルジムの影響を受けすぎた30代半ばのルアーマン。

最初に買った高級リールはスコーピオンXT(左巻き)。
その後アンタレス、00メタMg、TD-X、TD-Z、ツインパワー、19ヴァンキッシュ、18ステラ、22SLXDCXTなどシマノ多めの購入比率。

人生の多くを自動車開発の実験職場で過ごしてきたため、テストするのは息をするのと同じ感覚の人。

22 SLX DC XTとは?

目を見張る飛びと対バックラッシュ性能。I-DC5ユニットを搭載したテクニカルバーサタイルモデル。

軽量ルアーからビッグベイトまでカバーするテクニカルバーサタイルモデルです。

洗練されたロープロボディに、カルカッタコンクエストDCで評価の高いI-DC5ユニットをインストール。

遠投性能、対バックラッシュ性能に優れ、風などの気象条件に強いDCの特性に一層の磨きが掛かりました。

スプールは超極薄のマグナムライトスプールⅢを採用。

低慣性に由来するクイックな回転の立ち上がりは、とりわけ軽量ルアーにおいて威力を発揮し、狭いオーバーハングの下へも低い弾道で意のままにルアーを撃ち込むことが可能です。

駆動中枢にはマイクロモジュールギアを配置。

滑らかかつパワフルな巻き上げと3つのギア比バリエーションにより、マキモノから撃ちモノまであらゆるルアーにマッチします。

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/baitlurecasting/a075f00003ihbqcqay.html

22 SLX DC XTのスペック

スペック表

品番ギア比最大ドラグ力(Kg)自重(g)スプール 径(mm)/幅(mm)糸巻量ナイロン(lb-m)最大巻上長(cm/ハンドル1回転)ハンドル長さ(mm)ベアリング数BB/ローラ―夢屋ハンドルノブタイプ夢屋ハンドルタイプ本体価格(円)商品コード
706.25.519533/2112-100, 14-90, 16-80, 20-6564427/1ABH-135,000円044686
716.25.519533/2112-100, 14-90, 16-80, 20-6564427/1ABH-135,000円044693
70HG7.45.519533/2112-100, 14-90, 16-80, 20-6577427/1ABH-135,000円044709
71HG7.45.519533/2112-100, 14-90, 16-80, 20-6577427/1ABH-135,000円044716
70XG8.15.519533/2112-100, 14-90, 16-80, 20-6584427/1ABH-135,000円044723
71XG8.15.519533/2112-100, 14-90, 16-80, 20-6584427/1ABH-135,000円044730
22SLX DCスペック表
シマノ公式HPへリンク

今回私が買ったのは71XGです。

使用感

何グラムから何グラムまでが快適に投げられる?

タックルデータ

スコーピオン1652R-5+SLX DC XT 71XG+PE1.5号 の組み合わせ

試したルアー達

ブレーキ設定値と、ラインマーカーを見ておおよそ どのくらい飛んだのか を記載しました。

重いルアー

ダイワ レイジーファシャッド 100S 31g(カタログ値) 実測28.5g

ブレーキダイヤル:3 / 飛距離:45m

ダイワ レイジーファシャッド 100S 31g
ダブルフックに交換してあるのでカタログ値より若干軽いかも
実際の重さは28.5gだった。

重いルアーが投げられるのは当然ですが一応試してみました。

よくブレーキが強いというのを聞きますが、バックラッシュギリギリのところをうまく制御してくれてる感じでした。

ブレーキダイヤル2はバックラッシュ気味なので3に設定したところ(横風の中)キャスト中に一瞬、

極わずかなバックラッシュを伴うブレーキの効き方でした。


軽いルアー

ブレニアス ライズウォーク 65F 5.0g(カタログ値) 実測5.6g

ブレーキダイヤル:3 / 飛距離:25m


続いて

ダイワ モアザン スライ 6.8g(カタログ値)

ブレーキダイヤル:3 / 飛距離:25m

ダイワ モアザン スライ 6.8g

スピニングでもあまり飛ばないモアザン スライがごく普通に投げられたので驚きました。

ルアーが回転し難いからまっすぐ飛んでいきます。

1652R /PE1.5号との組み合わせでこれが投げられれば十分でしょう。

つりふぁす
つりふぁす

スピニングでもルアーを回転させずに投げられるなら、

もっと飛ぶはず。


ワーム

チニングでよく使うワームとシンカーの組み合わせを試してみました。

ケイテック クレイジーフラッパー2.8inタングステンシンカー2.6g

ブレーキダイヤル:3 / 飛距離:20m

ケイテック クレイジーフラッパー2.8inタングステンシンカー2.6g

2.8inは普通に飛ばせました。

2.4inも試しましたがロッドをしならせにくく、投げにくかったです。

バックラッシュする?

します。

バックラッシュのサンプル画像。これは経験した中で酷めの状況。

ただ、バックラッシュを検知してブレーキを強めるのか、あまり深刻なことは今まで一度もなく、手で糸を出せば普通に直る程度です。

ただし、ラインの巻き過ぎは要注意です。

私も経験しましたが、欲張ってスプールエッヂまで巻いてしまうと、ブレーキを強めにかけてもバックラッシュの頻度が高くなりました。

ラインをパンパンに巻いていた頃。ラインが余って勿体無いと思っても巻きすぎに注意。

そのため、やや少なめの糸巻き量に抑えるとバックラッシュは激減しました。

実際の適正な糸巻き量については後述します。

剛性感は?

00メタニウムMGと比較してややかっちり感は少ないです。

ただし実釣上はなんの問題もなく、巻き抵抗の大きいタンデムコロラドのスピナーベイトやスピンテールバイブ、

鉄板バイブの早まきなどでも全くストレスを感じませんでした。

巻き取りスピードは?

最大巻き取り84センチなりの巻きスピードですが、ルアーの早まきからワームの釣りまでそつなくこなせています。

糸巻き量は?

シーガーPE X8の1.5号 200mYGKエックスブレイド ウルトラ2 マックス WX8の2.0号150mでスプールいっぱいです。

[適正な糸巻き量の目安について]

シマノ推奨の糸巻き量はスプールエッジからー1mm。

PE 1.5号だと約180m、PE 2.0号だと約140mが適正な糸巻き量となりました。

ただし銘柄による太さの違いで適正な糸巻き量は変わるため、参考程度にとどめておいてください。

  • 多すぎると同じブレーキセッティングでもバックラッシュしやすくなります。

なので多く巻きすぎるのはオススメしません。

シーガーPE X8の1.5号を巻いた時
シーガーPE X8の1.5号 200mを巻いた時。20m分カットし、180mでちょうど良い。
YGKエックスブレイド ウルトラ2 マックス WX8の2.0号150mを全て巻いた状態。
YGKエックスブレイド ウルトラ2 マックス WX8の2.0号150mを全て巻いた状態。スプールエッジよりややはみ出している。キャスト自体は可能だがバックラッシュしやすい状態。

導入して良かった点

  • パーミングしやすくリールシートの形状も相まって非常にコンパクトに握れる。(00メタニウムMgより一回り小さい)
  • 巻き取りスピードが速い。(これ以上速いベイトを使ったことがないのですが満足できる速さ)
  • 糸巻き量が十分ある。(シーガーPE X8 1.5号200mはスプール一杯になるため、180m程度に抑えると適正量に収まります(スプールエッジから1mm下に収まる) )

これを基準にすると各号数やPEの銘柄による太さによる巻き量のイメージがしやすいと思います。

悪かった点(気になった点)

  • プラスチッキーな部分があること。
  • 巻いている時のざらつき感が気になる。

ただざらつきは使い込むにつれ、小さくなってきた感じがします。

あまり気にならなくなってきました(ギアの当たりが出てきたのかも)

まとめ

「よく飛び軽くコンパクト」

SLX DC XTは、使いやすさとパフォーマンスを追求した優れた釣りリールでした。

20年前との大きな違いの一つはデジタル制御技術によるバックラッシュの最小化です。

またコンパクトなボディで軽量かつ堅牢な構造を実現し、スムーズな巻き上げと巻き速度など、

多くの優れた特徴を凝縮しています。

つりふぁす
つりふぁす

糸巻き量は、2号140m /1.5号では180m程度です。

そこまで必要のない多くのバス釣りやチニング好きにとっては、SLX DC XTは信頼性できる相棒となるでしょう。

釣りをより快適により楽しく行うために、ぜひ22SLX DC XTを試してみてはいかがでしょうか?

以上、私がオススメする良いリールの紹介でした。

最後に

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた👋


【追記】

+4BB化(フルベアリング化)しました。その時の記事もよかったら見てやってください⬇️


PS:実売3万円を切るリールでこんなに良いので 最新の アンタレス や カルカッタコンクエスト など、

上級機種には期待せずにはいられませんね。

【またまた追記】

2023年8月、23アンタレスDC MDを買ったのでインプレしました

コメント

タイトルとURLをコピーしました