PR

【2023年版 買って良かった釣具】4選〜ロッド/リール〜

記事内に広告が含まれています。

皆さんこんにちは。釣り暦33年のつりふぁすです。

本記事では、2023年に私が買った「釣り具」の中から厳選した、オススメできるタックル4選を紹介します。

【買って良かった釣具2023】〜4選〜

リール2機種、ロッド2本をリストアップしました。

どれも2023年末(2023年12月31日)の今でも胸を張ってオススメできる逸品です。

高額なものが多くなって申し訳ありません。

が、「満足感ハンパない」ものばかり集めました。

リール① 22SLX DC XT

2023年最も活躍してくれたリールです。

軽量でよく飛び、適度な剛性、ブレーキ調整もシンプルで簡単。

PE、リーダー、スナップ込みで204.5gだった。

アンタレスDC MDと比べるとブレーキ調整は細かくできませんが、

ブレーキ力を「W」(最も強いブレーキ力)か「4」(「W」の次に強いブレーキ)にしておけばほとんどの状況でバックラッシュせずに投げられました。

「W」が最も強いブレーキ力。主に向い風の時や空気抵抗の大きいルアーの時に使う。
「4」は2番目に強いブレーキ力。どんなルアーでも安心してそこそこ飛ばせる。私がよく使うブレーキ力。

実際の釣り場ではリールの飛距離の限界まで試す必要はないため、このリールのブレーキは必要にして十分です。

ただしあまり大きなルアーはラインキャパの問題もあり、あまりお勧めしません。

また軽すぎるルアーも苦手です。

ブレーキ力を最弱の「1」や下から2番目の「2」に設定すれば確かに飛ばせる時もあるかもしれませんが、

ブレーキ調整がアンタレスDCMDほど上手じゃないため、バックラッシュしやすいです。

これはレベルワインダーの形状も影響しているかもしれません。

アンタレスDC MDのようにメガホン形状ではありません。

「1」は最も弱いブレーキ力。かなりの頻度でバックラッシュした(私が下手なだけ。)
ブレーキ力「2」の時。「2」もそこそこバックラッシュする。
レベルワインダー ライン出口側。
レベルワインダーのライン入口の形状はメガホンタイプではない。これによりライン放出時に抵抗が出やすいと思う。

投げやすいルアーの範囲は5センチか6センチくらい〜15、16センチくらいまでのミノー、

1オンス以下のバイブレーションなど良い感じです。

そういう意味では、極端な軽量ルアーやビッグベイトを投げない状況ならこのリール一つでなんとでもなるでしょう。

個別レビュー記事はこちら(新しいタブで開きます)

リール② 23アンタレスDC MD

SLX DC XTが「万能なスタンダード機」だとすれば23アンタレスDC MDはそこに付加価値をプラスしたようなリールです。

付加価値だと感じる具体的な部分は⬇️

  • 緻密なブレーキ力制御により「より遠くへ飛ばせる」
  • ハンドル周りのがっちりとした歪まない剛性の高さ
  • 巻き心地の滑らかさ
  • ラインキャパシティ
PE、リーダー込みで243.5gだった。SLX DC XTよりだいぶずっしり感じる。
大きさはSLX DC XTより大きい。手が小さい私はそれと比べると少し握りずらく感じた。
ハンドルを回した瞬間に感じるガッチリ感。ハンドルノブからスプールまで、一切がたつきや柔らかさを感じない。
ただし巻き感は一切ノイズを感じず、超絶スムーズ。かつ軽い。
レベルワインダーはメガホン形状

個別レビュー記事はこちら(新しいタブで開きます)

ロッド① 21エクスセンスジェノスB80H/RF

実は釣り場に向かう途中で転んで折ってしまい、いまは使ってないです。

ですが、ビッグベイトも投げられるし、なにより10g未満のルアーも「しっかりと曲がるティップ」で気持ちよく飛んでいくため、久々に「感動した」ロッドです。

長さも8ftと、バス釣りでも使え、高次元に作り込まれたバーサタイルロッドとして海から河川から湖までいろんな場所で気持ちよく使えました。

お金を貯めてもう一度買いたいロッドNo.1です。

2024年4月11日再購入しました

とんでもない感度の良さと軽量ルアーへの適応性を感じました。

スコーピオン1652では感じなかったバイブレーションのフォール中のゆらぎを感じることができます。

2024年4月12日、いつものダム湖にて。
静ヘッド5g+モアザンミドルアッパー3.5インチも重みを感じながらキャストできる。

個別レビュー記事はこちら(新しいタブで開きます)

ロッド② 18ワールドシャウラ2701FF

21エクスセンスジェノスB80Hが「ベイトのバーサタイル」なら、

18ワールドシャウラ2701FFは比較的軽めなルアー限定ですが、かなりよくできたスピニングロッドです。

バスのプラグからチニングのワームまで、ルアーの重ささえ適正範囲なら、ジャンルを問わず気持ちよく使えました。

長さもちょうど7ftのため、手返しよく釣りたいシーンでも不満はありませんでした。

ロッドの重さは101.0gだった。
18ステラC3000XG(PE、リーダー込み)と合わせて326.5gだった。

個別レビュー記事はこちら(新しいタブで開きます)

最後に

ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました。

2024年も「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました