PR

【観察と測定】ラッキークラフト「ステイシー80SPVer.2」ってどんなルアー?

記事内に広告が含まれています。

この記事はルアーの

  • 寸法(縦・横・幅)
  • 重さ(フック・スプリットリング)
  • 適合シングルフック

を調べて記載しています。

こんにちは。つりふぁすです。

本記事は、私が最近(2024年1月)購入した、

「ラッキークラフト ステイシー80SP Ver.2」をよく見た後に、シングルフックへ交換しただけの変態記事です。

ステイシー80SP Ver.2 COROR:ワカサギ シングルフックへ交換後

まずは外観

右側面から
正面から
左側面から
背面から
真後ろから
リップの形状
リップ横から
お腹から。フックアイは前後とも縦向き

寸法を確認してみる

リップ先端からボディ後端は110.7mmだった。
ボディの全長は79.5mmだった。
ボディの高さは15.0mmだった。
ボディの幅は11.7mmだった。
リップの最大幅は15.8mmだった。

重量を確かめる

パッケージから取り出した状態で8.0gでした。(計測地:浜松、気圧:1016hPa)

使用する秤はタニタ製。計測誤差(微量モード):0gから50gまで:±0.2g

フックの重さも確かめました。

フックは前後ともオーナーばり製「スティンガートリブル/ST36BC」でフロントは0.3g。ちなみにBCとはブラッククロームのこと。
リアも0.3gだった。

スプリットリングは一つ0.1gでした。

スプリットリングは一つ0.1gだった。

アイに装着されているスプリットリングも0.1gでした。

フックもスプリットリングも外した状態の重さは7.1gでした。

フックもスプリットリングも外した状態の重さは15.2gだった。

フックとスプリットリングで0.9gありましたね。

シングルフックに変える

私はシングルフック派なので交換します。シングルフックのメリットデメリットは過去、記事にしています。

今回装着するフックはこちら。

「キャスティンパイク シングル33」。重量を合わせるため今回は前後に#2を使います。
「キャスティンパイク シングル33」の#2と標準装着のスプリットリングで8.1g。とりあえずこれでいきます。

現場(ダム湖)で確認すると結果的に、フロント下がりかつ若干シンキングになっていたため、

完全にサスペンドするよう調整しました。

結果、フロントフックを別銘柄に交換。0.1g軽くしました。

フロントフックを「プラッギンシングル27 #2」に変更したところ。
同じ番手でも「キャスティンパイク33」よりやや細軸のため0.1g軽い。
結果、トータル重量は8.0gとなった。
ほぼサスペンド状態。重量は8.1gだったのが8.0gと、パッケージから出した時の重さとなった。ラインはCN500(ナイロン)5号。
ちなみに「ステイシー」は工場出荷の際、全数サスペンド確認をしているそう。

泳ぎ

シングルフック装着後のサスペンド調整も終わり、約1.5時間ほど投げてきました。

ステイシーSPはもともとよく泳ぎよく止まるルアーですが、

シングルフックになったことでフックが受けていた抵抗が減り、泳ぎの大きさが増しました。

根掛かり回避能力も元から高いですが、シングルになったことでさらに根掛かりにくいルアーになりました。

早巻きをするとフックの抵抗が減っている分バランスが崩れやすくなりますが、

ゆっくり巻きやトゥイッチ-ポーズの繰り返しがメインの釣りではデメリットになりにくいです。

最後に

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました