PR

【実際に買って本音レビュー】18ワールドシャウラ2701FF-2【適正ルアー範囲】

つり
記事内に広告が含まれています。

ワールドシャウラが気になっている皆さんこんにちは。つりふぁす(リンク先:X(旧Twitter))です。

今回は実際に使って感じた「2701FF-2」の使用感として、

どのルアーが快適に投げられるのか?をこのロッドにとっての

「上限/快適/軽い」

という具合に3つのルアーを例にとり、感想を綴ってみたいと思います。

この記事があなたのロッド選びの参考になれば幸いです。


寸法と重さを確認した記事はこちら⬇️

〜筆者について〜
家族の影響で3歳から霞水系にてぶっ込み釣りを始め、ミラクルジムの影響で6歳からルアーでのブラックバス釣りにハマる。
その後広島に就職し瀬戸内でシーバス、チヌ、メバル、アジ、イカ釣りを学ぶ。
現在は静岡県西部に拠点を移し週末に釣りを楽しんでいる。
夢は365日釣り三昧の生活。

タックル

リール:18ステラC3000XG

ライン:スーパーエックスワイヤー8 0.8号

ワールドシャウラ2701FF-2 スペックおさらい

品番全長(ft.)全長(m)テーパー継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ルアーウェイト(g)ジグウェイト(g)適合ラインナイロン (lb)適合ラインPE(号)グリップ長(mm)適合Ex.バットカーボン含有率(%)本体価格(円)商品コード
2701FF-27’0″2.13FF21301001.74-14MAX 604-10MAX 123298.474,200円246554*
2701FF-2のみ抜粋
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/freestyle/worldshaura/a075f0000316qzcqae_p.html

上限付近代表

ダイワ ショアラインシャイナーZ バーティス 120F

表記ウェイト:19g

ロッドスペック以上の重さがあり、かつ風の抵抗が大きいルアーとして ダイワ ショアラインシャイナーZ バーティス 120F を選びました。

スペック以上のウェイトになるので自己責任となりますが、手持ちのルアーの中ではこれがほぼ上限だと感じました。

ちなみに「ドリームツアーエディション2651R-5」でこれを投げた時はフルキャストできませんでした。

そのことを鑑みても同じ1パワーなのでほぼほぼ上限じゃないでしょうか。

ドンピシャルアー代表

シマノ サイレントアサシン 99F

ウェイト:14g

シマノ サイレントアサシン 99F

ドンピシャなのはシマノ サイレントアサシン 99Fでした。

このくらいのサイズは投げていて快適に感じます。適度な重さと重心移動機構により飛ばしやすいルアーですが、2701FF-2を素早く振り抜くことができ、ルアーを弾丸のように飛ばすことが可能です。

下限付近

ケイテック クレイジーフラッパー2.4inジャッカル タングステンシンカー1/32オンス

ケイテック クレイジーフラッパー2.4in

これより軽いものは試していませんが、ティップのしなやかさを生かしてごく普通に投げられました。

もう少し軽いものでもいけそうな感じで、

いずれアジングやハゼのルアー釣りに使うような「ジグ単」+「ワーム」の組み合わせなんかも試してみようかと思います。

2701FF-2とステラの組み合わせは控えめに言って「最高」。

以上、いかがでしたでしょうか。

18ワールドシャウラは発売からすでに5年が経過していますが、

比肩するようなロッドもほとんど無く、その魅力は全く色褪せていないように感じます。

今後も実際使ってみて新たな発見があれば随時お伝えしていきますね。


最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました