PR

【保存版】失敗しない+4BBの実践方法【22 SLX DC XT】

記事内に広告が含まれています。

滑らかな巻き心地のリールがお好きな皆さんこんにちは。つりふぁすです。

先日購入した22SLX DC XTのインプレ釣行にて巻き心地について言及したところ、

その改善案をTwitter上でご教示いただきました。

つりふぁす
つりふぁす

その節はありがとうございました。

ということで、

本記事の内容はこちら

  • 22SLX DC XTのボールベアリング(以下BB) 追加箇所/やり方
  • 追加BBのサイズ
〜筆者(ブログ管理人)について〜
3歳の頃から釣竿を握って以来30数年、釣りを生き甲斐に生きています。グランダー武蔵というアニメにより、ミラクルジムの影響を受けすぎた30代半ばのルアーマン。

最初に買った高級リールはスコーピオンXT(左巻き)。
その後アンタレス、00メタMg、TD-X、TD-Z、ツインパワー、19ヴァンキッシュ、18ステラ、22SLXDCXTなどシマノ多めの購入比率。

人生の多くを自動車開発と整備に捧げてきたため、バラして組み直すことは苦ではない。

22 SLX DC XT 71XG 追加ボールベアリング箇所

追加箇所の概要

(場所/図番:ベアリング型式:必要数)

  • ハンドルノブ/図番9: 740ZZ:2個
  • ウォームシャフト/図番9: 740ZZ:1個
  • ドライブギア軸/図番46: 950ZZ:1個
71HGの分解図(一部71XG共通)。図番9は740ZZ、図番46は950ZZに交換します。

ハンドルノブとウォームシャフト

使用するBBは共通で、合計3つ使います。サイズは740(外径7mm、内径4mm)。

740(オープン型)もしくは740Z(片側シールド)、または740ZZ(両シールド型)の中から選びましょう。

(頻繁にメンテするなら回転抵抗の少ないオープン型で良いですが無難なのはZZ型です。)

ベアリング内への異物(ゴミなど)侵入しにくい(グリスも漏れにくい)のは両シールド型(ZZ)です。

外からの侵入防止であれば「片側シールド」(Z)でも問題ありません。

なお、基本的にシールド(金属製)は非接触なので高速回転も可能です。

最も普及しているJIS等級0(0が一番低い等級)ですら(サイズなどにもよるが)3〜4万回転/minほど許容しています。

ドライブギア軸

使用するBBサイズは「950」です。(外径9mm、内径5mm)

使うのは1つだけです。

ここもZZかオープン型でいいと思います。(私はZZを選択)

交換手順

作業順は

  1. 「ハンドルノブ」
  2. 「ドライブギア軸ブッシュ」
  3. 「ウォームシャフト軸ブッシュ」

の流れでボールベアリングに交換しました。

①ハンドルノブブッシュのBB置き換え

最初に「図番4 ハンドルキャップ」を開けます。

キャップを開けます。ピンセットを使って開けました。

図番5(固定ボルト)を緩めて外し、次にハンドルノブ外します。

この時、図番6,7,9 も一緒に外れます。

ブッシュをボールベアリングと置き換えます。

図番9のブッシュは740のBBと交換できます。

反対側もやればハンドルノブは完了です。

②ドライブギア軸ブッシュ

次にドライブギア軸のブッシュをBBに置き換えます。

図番2(リテーナー)を止めている固定ボルト(図番5)を緩めて外します。

リテーナーを外します。

図番401(ハンドル固定ナット)を緩めます。

緩み方向は右回しです。

緩み方向は右回しです

ハンドルを外します。

図番16(スタードラグ)を外します。

図番17(スタードラグバネ)、図番402(スタードラグ固定ナット)を外します。

「図番19スタードラグスペーサー」「図番20スタードラグ座金」

「図番21座金」「図番22ボールベアリング」

「図番23座金」「図番34ローラークラッチインナーチューブ」

これらはこのタイミングで外しても良いですが、

「図番601本体A」を外す時に一緒に外しても良いです。

(その場合はばらけないように注意する)

図番34までバラした状態。左上から右に順番に並べていった。

図番31(固定ボルト3箇所)、図番74(固定ボルト)を緩めて外すと図番601(本体A)を外せます。

図番601(本体A)を外すと図番405(ドライブギア軸)、図番(602ドライブギア)などが見えます。

手でそのまま外せるところまで外します。

図番44(固定ボルト)を外すと図番45(ドライブギア軸固定板)を外せます。

外すとスプール側に青いブッシュ(図番46ドライブギアブッシュ)が見え、これをBBに置き換えます。

図番48(E型止メ輪 2.5)を外すと分解できます。

つりふぁす
つりふぁす

外す時に弾きやすいので注意してください。

Eリングは飛ばしやすいのでご注意を。

「図番33ローラークラッチ内側」や「図番34ローラークラッチインナーチューブ外周面」、および「ドラグ」には油脂類が付着しないよう気をつけてください。

ハンドルの逆回転やドラグ力低下の原因になります。

ドライブギア軸のブッシュは950ZZに置き換えます。

③ウォームシャフト軸ブッシュのBB置き換え

途中写真を撮るのを忘れてしまいました。

  • 図番77(E型止メ輪 2)を外し、ウォームシャフトを押し出してください。
  • 図番50(ウォームシャフトピン)を抜くと図番49(ウォームシャフトギア C)を外せます。
  • 図番9(ブッシュ)を740ZZと置き換えます。

以上で4BB追加は完了です。

外した順番で元通りに組んでいきましょう。

スタードラグは組み付け時、

角度を合わせないと中の樹脂部品が「変形」または「破損」する可能性があるため、

無理につけないようにしましょう。

最後に

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました