PR

【写真で紹介】【釣り仕様ハンターカブ】〈DIY〉

記事内に広告が含まれています。

ハンターカブ好きの皆さんこんにちは。つりふぁすです。

いきなりですが私はハンターカブは「軽く」「小さく」「燃費も良い」ため最高の相棒だと思っています。

私は「CBR1000RR」以が盗難にあって以来10年ほどバイクから遠ざかっていましたが、

趣味である釣りに行くための足が欲しくてハンターカブを選びました。

つりふぁす
つりふぁす

きっかけは職場の友人に勧められたことです。

後日お店に行った時、運良く見込み発注した個体を購入でき、手元へは2週間ほどでやってきました。

納車は2020年10月。それ以降、通勤からオフロード走行までいろいろなシチュエーションを体験してきました。

その中で昔から趣味で楽しんでいる釣りへの適性について、実際に乗って感じたことや工夫したことをまとめてみます

ハンターカブの良いと思うところ

①狭いところもなんのその

堤防とハンターカブ

ハンターカブなら釣り場の近くまで行くことができます。

小回り抜群で軽量なハンターカブ(カブシリーズ含め)ならではですね。また田んぼの畦道のようなところも得意な道です。

マウンテンバイクのような感覚で走れちゃいます。

ハンターカブと田んぼの畦道
少年時代(今も時々)走り回っている我が家の田んぼ前。この程度はノーマルのタイヤで全く問題なし。

②キャリアに大きなBOXが積める

ハンターカブとホムセン箱
ノーマルでも使い勝手の良いホムセンBOX

リアキャリアが大きいのでよくあるホムセンBOXが詰めます。

BOXの中にはクーラーBOXやライジャケ、タックル、のほか鍵付きなら貴重品も入れられます

つりふぁす
つりふぁす

それに安いので気兼ねなく改造できます。

私はランガンするような釣りで少しの移動を繰り返す際に便利なロッドホルダーやタモホルダーを自作しました。

作る際は手持ちの道具とホムセンBOXの内径をよく確認して材料を揃える必要がありますが、

DIYが好きな人ならこのような作業も楽しめると思います。

ホムセン箱の中身
ハンターカブにホムセンBOXを積めば80オーバーのシーバス3本を余裕で持ち帰れる
ホムセンBOXとワールドシャウラドリームツアーエディション2832RS-5
パックロッドならBOXに入れて快適に移動できる。愛用はワールドシャウラドリームツアーエディション
カスタム後のホムセン箱
初めて改造したBOX。気軽に自分だけのオリジナル仕様を作れるのもホムセンBOXの良いところ

上記の箱はハンターカブの荷台に「これ」を装着して接続します。⬇️

ボックス側にはこちらを装着します。

③抜群の燃費

言うまでもなくハンターカブはカブの仲間ですから燃費もとても良いです。

例えば横浜から自宅の千葉県北東部まで帰ったときのこと。

123Km弱の距離があるのですが燃料計は2メモリ程(約2L)しか減らず、思わずメーターが壊れているのかと疑ったほどです。

また、通勤でも使っていた時は週に5日間、100km走って2週間は無給油でした。

つりふぁす
つりふぁす

なお、5Lタンクのため(車と比べて)

短時間で サッ と給油できるのも地味に好印象。

ほんと地味だけど。

ちなみに燃費を意識しせずに走っても燃費がいいです。

④原付に属しているが思いのほか安定感がある

これは普段スーパーカブに乗る友人も言っていますが、ハンターカブは安定感が違う!

決して軽々しいというネガティブな軽さでは無く、舗装路やオフロードを走っても挙動が落ち着いていて、

特別なテクニックがなくても安心感を感じられます。

オフロード走行を楽しむ私。どノーマルでもスーパーカブと比べて安定感がある。

デメリットについて

これは125CC(原付二種)にどこまで求めるかで変わります。

普通に交通の流れはリードできるし、燃費はいいし小回りもきく。

普通に街中を走るようなときにデメリットを感じるとすればシートの高さかもしれません。

足つき性

綺麗に整備された路面ばかりではなく、車が通ることで生じる轍(わだち)や、傾斜があったりもしますので。

ちなみに排気量 799CCの BMW F700GS に比べても足つき性はよくありません

Frフェンダーの泥詰まり

歩くのも難しいほどのぬかるみを走る時もノーマルのタイヤでは厳しいです

ブロックとブロックの間に泥が詰まるため、本格的なオフロードタイヤに交換することをお勧めします。

CT125ハンターカブでオフロード走行に行った際に撮影した写真
乾いた路面なら行けるが泥には弱い

これはクローズドのオフロードコースで経験したことです。

雨上がりで歩くのも困難な場所を走った際に泥がタイヤとフェンダーの間に詰まってしまい、

Frタイヤが回転しなくなったりしました。

理由はFrフェンダーとタイヤの間が狭く、泥が排出される前に詰まってしまうためです。

つりふぁす
つりふぁす

しかもいちいち泥を取り除くのは かなり大変 でした。


後日ブロックタイヤに交換しました。

まとめ

ハンターカブは全てが気軽だと感じています。

キャリアに荷物を乗せ、メットを被り、風をきって目的地に向かう。

その一連の流れすらアウトドアの一部であり、あなたにとって最高の相棒になるでしょう。

ノーマルでぱっと出かけてもアウトドアを満喫できるし、パーツも豊富で、あなたに合わせたカスタムもできます。

つりふぁす
つりふぁす

また 燃費や税金 も含め維持に関わる金銭的な面でも、

無理のない範囲で楽しめる1台だと思います。

ただし本格的なオフロードを走る際にはそれなりのカスタムが必要だと思ってください。

少なくとも純正状態でオフ車ほどの走破性はありません。

でも比較的リーズナブルな価格でカスタムを楽しめるところもいいところです。

以上、私の感じたCT125・ハンターカブの良いところ、悪いところの紹介でした。

最後に

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの釣りとバイクライフが青天井に楽しくなりますように。

ではまた👋

森の奥まで進みすぎ、軽く迷子になったとき。それもまた良き思い出。

コメント

タイトルとURLをコピーしました