PR

【ハンターカブのイメチェンに】ハイビジミラー【CT125】

記事内に広告が含まれています。
デイトナ製 耐震/広角ミラー

ハンターカブ好きの皆さんこんにちは。自動車整備士2級のつりふぁすです。

見た目も走りもすごく気に入っているハンターカブ。

ですが、少し変えてみたいところや、イメチェンしたいと思うことはありませんか?

私の場合、当初は全て気に入って乗っていました。

しかし慣れてくると純正ミラーの

視界の狭さ 」と「 走行時の振動

が気になり、見にくく感じるようになりました。

純正ミラーのとき。

そのため、ミラー部分の面積が広く、デザインも少し角張った形状のもの に変えてみようと考えたんですが、

Amazonで調べても良く分からず。

バイク用品店にも行ったんですが、それでも売られている物の多さに、

つりふぁす
つりふぁす

どれを選べば良いんだろう。せっかく買って合わないと困る。

と思っていました。

そこで今回は私が選んだミラーを紹介します。同じものなら(当たり前ですが)確実に装着できます。

〜筆者(ブログ管理人)について〜
3歳の頃から釣竿を握って以来30数年釣りを生き甲斐に生活しています。

仕事は2008年に自動車整備士免許2級(ガソリン・ディーゼル)を取得後、2021年までマツダ車のブレーキや音・振動開発に従事していました。
その後転職し、サービスエンジニアを経て船舶用品の開発に従事しています。

良いと思えたものはメーカー問わず紹介します。

ではさっそく本題に入りましょう。

実際に選んだミラー

選んだのはこちらです。

デイトナ ハイビジミラー エッジ/ロー ブラック(新保安基準適合品)

デイトナ ハイビジミラー バイク用 ミラー 片側1本 左右共通 10mm正ネジ 新保安基準適合 エッジ/ロー ブラック 99260

つりふぁす
つりふぁす

ハンターカブのミラー取り付けネジは

「10mm」で、左右とも 正ネジ仕様 です。

左右両方変えるなら2つ必要で、私はAmazonで買いました。

交換は至って簡単。ミラー本体とナットを回すだけです。工具はスパナの12/13/14mmを用意してくださいね。

純正ミラーと交換後の外観の比較写真 車両前方から

交換前 前からの見た目
交換後 前からの見た目。エッヂが立ち、少しシャープな印象になりました。

純正ミラーと交換後の外観の比較写真 シート位置から

交換前 シートからの見た目
交換前② もうちょっと視野が広ければと思うことがしばしばあった。
交換前③ ウインカーが四角。ミラーは丸。個人的にウインカー寄りのイメージにしたくなった。
意識するとどうしても気になってくる。
交換後① シートからの見た目。横方向の広くなった分、後方も見やすくなった。
交換後のイメージ② 日本一きれいな川にて。
交換後イメージ③ 横からだと交換した事があまりわからない。

メリット 視認性の向上

  • 純正に比べ、視界が広角になりました。
  • エンジンの振動で細かく震えていた鏡面があまり振動しなくなり、視野の広さと合わせて相当見やすくなりました。

デメリット

  • 片方で約3000円程度かかりるので左右変える場合、そこそこの出費となってしまう。

まとめ

左右交換で6000円くらいかかりますが、純正ミラーでは得られない視野の広さと振動の少なさがあり、ライディング中の不安が減ると思います。

福田(ふくで)海岸にて撮影。イメチェンすると益々出かけたくなる。
この先、御前崎まで30Kmほど砂浜が広がっている場所。

見た目は好き好きあると思いますが、ウインカーの四角にマッチするデザインだと感じました。

ハンターカブ自体も少しシャープな印象となり、個人的には満足いく結果となりました。

つりふぁす
つりふぁす

ミラーを変えただけなのに、

印象的には結構変わったのでオススメのカスタムです。

最後に

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願いいたします。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました