PR

【観察】対大型魚用オフセットフック「岩礁メガトンロックフック #2/0」(オーナーばり製 )

記事内に広告が含まれています。

こんにちは。つりふぁす(リンク先:X(旧Twitter))です。

本記事は、私が最近(2024年2月)購入した、

「オーナーばり 岩礁メガトンロックフック #2/0」をよく見た結果を明文化しただけの変態記事です。

※計測結果には誤差が生じます。そのため数値はすべて「約」をつけています。

岩礁メガトンロックフック #2/0について

入り数

8本

入り数は8本

重さ

約0.9mm

ひとつ約0.9gだった。

全長

約49.2mm

全長約49.2mmだった。

ネック長

約9.5mm

ネック長は約9.5mmだった。
「ラフな使用でもワームをホールドし続ける」という頼もしい言葉が書かれている。
チニングにも良いかも。その場合サイズは#1か#2くらいだろうか。

クランク部からベンドの頂点までの長さ

約36.4mm

クランク部からベンドの頂点までの長さは約36.4mmだった。
横から。

スロート長(針先〜ベンド(曲がり)の始まり)

約10.0mm

針先〜ベンド(曲がり)の始まりは約10mm。

ゲイブ幅

約16mm

ゲイブ幅は約16mmだった。

線径(太さ)

1.2mm〜1.3mm(計測箇所による)

線径横方向は1.2mmほど。
ネック部は縦方向も1.2mmだった。
メーカー表記の太さは1.36mm
負荷の大きくかかる場所も測定。
負荷の大きくかかる場所も測定。
ベンド部分1。ここは1.3mmあった。
ベンド部分1(別角度)
ベンド部分2。ここも1.3mm。

カエシの高さ

約2.1mm

カエシの高さは約2.1mm。
横から。

ラインアイ内径(参考値)

約1.5mm以上。(約1.6mm程度と推測※)

※手持ちのノギスに対して径が小さいためでは正確に測れない(実寸よりも小さい値になる)ため、スプリットリングを通して入るかどうか、スルスル動くかどうか確認し、予測値を出しています。

今回通すスプリットリングはこちら。

通すスプリットリングは「TUNUKE SPL-#5」
TUNUKE SPL-#5 の幅は約1.5mm
幅1.5mmのスプリットリングが自由に(スルスル)動く。
ノギスでの計測は1.4mmほど。実際より小さい値となる。(最も広い場所を測れないため)
ノギス測定ポイントの構造。穴径の小さいものは正しい値より小さくなってしまう。

ラインアイ外径

約4.0mm

ラインアイ外径は約4.0mmだった。#2/0としてはかなり大きめのためワーム位置もずれにくいんじゃなかと思う。

最後に

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

これからも本ブログ「青天井LIFE」をよろしくお願い致します。

あなたの人生が青天井に楽しくなりますように。

ではまた👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました