PR

【実際に買って使って本音レビュー】ワールドシャウラドリームツアーエディション2832RS-5

記事内に広告が含まれています。

こんにちは。釣り歴30年、シマノ歴20年超のつりふぁすです。今回、普段メインで使っている「ワールドシャウラドリームツアーエディション2832RS-5」についてあれこれ述べてみたいと思います 笑

ちなみに使い始めて約3年。主にシーバス釣りで使用、たまにエギング、ライトショアジギング。かけた最大魚はシーバスの80cmオーバーです。

私もそうでしたが、1本でいろいろ釣りたい欲張りアングラーの参考になれば、という気持ちで書いてます。

なので最後まで見てやってください笑

このページに訪れた方々は概ね次のいずれかに該当するのではないでしょうか?

・シーバスやチヌ、エギングあたりを1本でやりたい。

・普段自転車で釣りに行っているが、機動力を高めるため、もっと荷物をコンパクトにしたい。

・今使っている2ピースロッドだと片手で持って移動するしかなく、自転車だと危険。

・たまに友人の車(軽自動車)に乗せてもらって釣りに行くが、その時もコンパクトに収納できた方が邪魔にならず使い勝手が良い。

・シマノが好き

ということで、実際に使っている私が買う前に思った疑問や懸念に対して、購入後、実際に使い込んで感じたことをQ&A形式で記載してみました。

今回紹介するモデル

SHIMANO

ワールドシャウラドリームツアーエディション「2832RS-5

各英数字の意味は左から

・2:スピニング

・8:8フィート

・3:3インチ

ローマ字はの意味は竿の調子を意味しており

・R:レギュラー

・S:スロー

最後の数字は竿の分割数で

5:5分割モデル

という意味になります。

また、ドリームツアーエディション全般に共通することですが、仕舞い寸法55cm以下となるパックロッドで、機内持ち込み可能な長さのようです。(私はまだ試していませんが笑)

このメリットは飛行機を利用する遠征だけでなく、自転車やバイクなど、荷物をコンパクトにしたい移動手段でも大活躍します。

僕は愛車のCT125ハンターカブにホムセン箱を取り付けているのですが、

パックロッドであればこのようにすっぽり入れることも可能です。

こうすると移動の時の安心感が違いますね笑

そもそも私がこのロッドを購入した決め手は「仕舞い寸法が短い」「シマノの最高峰ルアーロッド」だから。

繰り返しますが

仕舞い寸法が短い

シマノの最高峰ルアーロッドである

であることが最大の理由です。

それぞれ補足していきます。

■「仕舞い寸法が短い」

具体的いうと

「リュックのサイドポケットに突っ込んでもあまりはみ出さない仕舞い寸法」

である。ということ。

例えば自転車で釣りに行った際、川沿いの道でよく遭遇するのは「道の頭上に木の枝が伸びている」という状況です。

こういった場合、ロッドが頭上を越えていると「枝に引っかかって破損」したり、最悪の場合、「自身が転倒して怪我する」可能性もあります。

また、引っかからないように頭上を気にして走り続けるのも非常にストレスです。何のために釣りに行ってることやら笑。

そうなると仕舞い寸法が短いロッドが有利になるんですが、実は8フィート台のシーバスに使えるロッドでリュックと同じくらいになるものが非常に少ないのが実情です。(2020年6月時点、私調べ)

そこで選択肢になるのがワーシャのドリームツアーエディションだった、というわけです。

アブガルシアのバックパックとワールド氏ャウラドリームツアーエディション

つぎに

■「シマノの最高峰ルアーロッドである」

について。

ドリームツアーエディションはワールドシャウラがベースとなっています。詳細はシマノのHPを見るといろいろ書いてありますが、

要は

「シマノの集大成」的な立ち位置のロッドです。

シマノ製品に関しては個人的に小学生の頃から20年以上(某ミラクルジムの影響で)使っていますが、

誇張なしに1本も折れたりガイドが破損したりといったトラブルが無く、安心して使えそうなのもポイントでした。

やっぱり高い買い物なので笑

比較ロッドや使用環境

使用感については同時所有しているこれらとの比較になります。

■「ディアルーナS90ML」(初代)

■「NESSACl4+ S1002M」、

■「セフィアCl4+ S806ML」

また、私が主に釣りをする環境としては

・漁港

・堤防

・サーフ

です。

主に投げるルアーはシーバスやチヌ狙いで

・ミノーや鉄板バイブなどの10g弱から30g前後のもの

・エギは3.5号まで

このような使用環境ではキャストからアクション付けまで実に快適に釣りができています。

2832RS−5は名前の通りレギュラースローテーパーの設計ですが、実際に釣りをしてみると体感的にはほぼレギュラーテーパーで、エギングなど、しゃくったりする釣りでも扱い難いとは感じません。

使い始めた頃はロッド自体もの軽さで、上限くらいのルアーを投げる際は破損の心配してしまい恐る恐る投げていましたが、徐々にそのポテンシャルに気付き出し(ビビリな私が慣れてきた笑)、フルキャストしても頼りない感じが全くしないことや、

80cmオーバーのシーバスを釣った時もティップからバットまで綺麗に曲がってくれ、1.2号のPEラインで多少強引なやりとりをしても、バットのあたりはまだまだ余裕が感じれたりと、

使い込んでいくうちにすっかり強度や耐久性に関する心配をしなくなりました。

存分にキャストや魚とのやりとりに集中できます笑

サヨリつきのシーバス
80くらいになるとバットまで曲げてくれる
引きの強い川シーバスも余裕

Q&Aコーナー

Q1:パックロッドが欲しいけど、購入を躊躇している。

ネットを見ればスペックはわかるんだけど、実際の使用感がどうなのか知りたい。

A:コンパクトにできるメリットは色々な場面で出てくる。

メリット①

移動時、リュックサックのサイドポケットに差し込んで移動できる長さです。つまり両手がフリーになり、機動力が増します。

自転車やバイクでの釣行時はもちろん、磯など徒歩で移動しないといけない時も便利です。きっと魚と出会うチャンスも増えるでしょう(希望)

メリット②

車内が狭い車でも置き場に困らない。

小さい車やセダンタイプなど、長尺ものが入らない車でもパックロッドなら問題ありません。

メリット③

自宅での保管がしやすい。短くできるが故、リュックが置ける場所なら大抵保管できます。

メリット④

機内持ち込み可能なサイズ。夢が広がる夢ばかり見る(笑)

ホムセンBOXとワールドシャウラドリームツアーエディション

Q2:仕舞い寸法についての印象

シマノのドリームツアーエディションは55cm以下を謳っていて興味があるけど、他のメーカーも含めれば選択肢が広がる。実際に使っていく上で55cmってどうなの?

A:持ち運びのしやすさからいうと、55cmはちょうど良い長さ。

リュックサックのサイドポケットに刺して移動するスタイルの場合、これ以上長いと、リュックの長さ+数10cmとなるはずで、差し込んだ状態で安定しなくなります。

実は以前この観点でいろいろなデイバックを調べてみたのですが、長くても55cm程度でした。なので仕舞い寸法で60cm後半などのロッドは、気を使う場面が増えてくると思います。

ちなみに、自転車を使う場合、ロッドをリュックに差し込んだ状態で頭の高さを超え無い方が良いです。

頭上に木の枝が張り出したりしていると引っかかって破損の原因になりかねません。

アブガルシアのバックパックとワールド氏ャウラドリームツアーエディション

Q3:継ぎ目が多いロッドは重かったりだるいイメージがあるけど、実際ルアーを投げたり、魚をかけた時の感じはどうなの?

A:ワールドシャウラに比べれば少し思いが、十分軽いし、十分シャープ。特に振り抜いた際の振動の収まりは感動もの。

軽いルアーも重めのルアーもロッドの反発力を活かしてぶっ飛ばせる。また、ティップからベリーまで綺麗に曲がり、非常にトルクフルに感じる。

流れの中でかけても一切力負けせず、寄せてこられるパワーがある。

Q4:大物がかかっても折れたりしないかがやっぱり不安。高い買い物だし。

A:今のところ80cmちょいのシーバスに対してはドラグは出されるものの、折れそうになる気配は一切なし。60cm台のシーバスに対してはドラグすら出ずにキャッチできた実績あり。

なお、今のところガイドの取り付け部分や継ぎ目等にもダメージなしです。

注:分割する際はガイドを持たないよう気をつけましょう。

60センチくらいであればドラグを出さずに取り込むパワーあり
80センチくらいになるとバットまで綺麗に曲げてくれます
60くらいのをごぼう抜き

デメリットについて

ここまで、良いところを紹介してきたが、僕が個人的に思うデメリットもお伝えしておきますね。

デメリット①:継ぎ目が多いので組み立てが面倒。

持ち運びがしやすくて便利なのですが、反面ロッドの組み立てに時間がかかってしまします。

デメリット②:継ぎ目は摩耗する。

何度も抜き差しする場合、擦れが生じます。物理的に摩耗していくのは間違いありません。

デメリット③:ベースのワールドシャウラに対して価格が高い&ちょっと重い。

ドリームツアーエディションのみ手にすると十分軽くシャープですが、ベースとなったワールドシャウラと比べると若干重いです。

まとめ

・パックロッドだけどメインで使える性能。ワールドシャウラの世界観を十分堪能できる。むしろ持っていける範囲が広く機動力が増すという意味ではコスパが良い。

・ただしコンパクトにできる反面、価格や重さが悪くなっている。

【写真あり】〈レビュー〉ひとつテンヤ釣り未経験者が新たに揃えたもの 初挑戦はこの番手でOK個人的には買い換える気が起きないほど非常に気に入っています。前述の重さも、あくまでスタンダードなワールドシャウラと比べればの話であり、今のところ問題には感じていませんし、久々にすごい竿に出会えたと思っています。

以上、あれこれ悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

ちなみに最近2651F-5も買いました。いずれ今回の記事と同じように紹介できればなと考えています。

ではまた。

【写真あり】〈レビュー〉ひとつテンヤ釣り未経験者が新たに揃えたもの 初挑戦はこの番手でOK

Have a nice fishing!

コメント

タイトルとURLをコピーしました